のんびりtime♪

小さな君に

c0135480_1829867.jpg



小さな君に
作詞:ZIGEN / 作曲:健雄,喜姫

青があまりに鮮やかだった どこかもの悲しい朝だった
僕は思わず猫背になった 目線の先に小さな君がいた
君はとにかく必死でないた さみしくて生きたくてないた
僕も負けじと必死になった 守りたい 心から思った

君からこぼれる涙 僕からこぼれる涙

小さくて弱いその一粒に 僕は願いをかけたんだ
いつかどこかで幸せになってね
僕のこと忘れるくらい

青があまりに鮮やかだった 光満ち溢れる瞳だった
いつしか僕の猫背もなおった 目線の先にいつでも君がいた
君はある日その人と出会った 君のこと愛する人と出会った
僕はとてもとても嬉しかった 離したくない、ほんの少し思った

君からこぼれる涙 僕からこぼれる笑顔

小さくて弱いその一粒に 僕は覚悟を決めたんだ
遠いどこかで幸せになってよ
僕のこと忘れるくらい

小さくて強いその一粒に たくさんの幸せもらったんだ
だからさ君も幸せになってね
僕のこと忘れるくらい



今年4月に解散してしまったお気に入りのアカペラグループ、RobstarLobsterさんのオリジナル曲。
昨年秋に保護した子猫を喜姫さん中心にメンバー皆で可愛がっていたそうですが、
その子猫の新しい飼い主が見つかり、泣く泣く手放すことにしたときの気持ちを歌ったもの。
実在モデルの猫ちゃんはこちら→

いつも車の中で、この曲を聴いています。
メロディーも素敵なのにご紹介できないのが残念です。

ところで・・・

ニャンは真冬に瀕死の状態で庭にうずくまっていました。
まめ、いちご、きなこは最初から保護した猫ではありません。
特にまめは、拾われて捨てられて拾われて・・・そして我が家の一員となりました。
小さな命、大切にしたいですね。

そんなまめも6月6日(推定)に3歳となりました。
全ての捨て猫、犬、ノラちゃん達の幸せを願って止みません・・・




c0135480_16115139.jpg

mame 2007.7

c0135480_16223426.jpg

mame 2010.6
[PR]
by mame-nyanne | 2010-06-08 09:09 | ねこ便り