のんびりtime♪

定光寺

c0135480_2143878.jpg

名古屋からJRで30分程のところに「定光寺」という駅があります。
青春18切符を使うにはもったいない距離・・・
崖に面した無人駅で、いろんな意味で迫力があります。
紅葉の季節は人でにぎわうこの辺りですが静かで閑散とした雰囲気・・・

c0135480_21432954.jpg

子どもの頃、父に連れて行ってもらい、弟と遊んだ記憶のある河川敷がここであったことを母に教えてもらい今になって判明。
懐かしく感じたのは海馬に刻まれた記憶の為なのか、30年程前には観光地として賑わっていた
この辺りの時代が止まったままの光景がそうさせのか。
駅近くの懐かしい感じの喫茶店玉川屋(兼鉱物標本等販売)が気になりました。

定光寺まで約20分程、緩やかな坂を上って行くと橋がありました。

c0135480_2144741.jpg


1653年に作られたという橋、橋の右手に蓮池があります。蓮の花の季節にまた来たいものです。

c0135480_21454870.jpg


c0135480_21471718.jpg


さらに階段を100段以上登って行くと定光寺

  ※定光寺(じょうこうじ)は、愛知県瀬戸市定光寺町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は応夢山(おうむざん)。建武3年(1336年)、覚源禅師(平心處齊)が籐左衛門尉の案内で尾張国山田荘水野郷を訪れ、この地方の領主であった水野致国と美濃国小田の山内入道が開基檀越となり、臨済宗建長寺派の寺院として創建した。慶安2年(1649年)、喝堂全用が妙心寺派寺院として再興した。
慶安3年(1650年)に尾張徳川家初代徳川義直が没すると、その翌年から3年をかけて源敬公廟(徳川義直廟墓)が造営され、尾張徳川家の菩提寺となった。~ウィキペディアより



c0135480_21492167.jpg



c0135480_21493762.jpg



c0135480_21523857.jpg


最後に展望台で美しい眺め。夕日がとても綺麗でした。

この後、休憩所で甘酒をいただき修行されている方から素敵なお話(女偏で辿る女の一生)
も聞かせていただき

心穏やかに岐路についたのでした。

【定光寺HP】
定光寺HP 
※HP冒頭部分で大きな鐘の音が聞こえます。

【気になったカフェ】

玉川屋

滝カフェ 木楽々


ギャラリー空
[PR]
by mame-nyanne | 2013-01-12 17:34 |