のんびりtime♪

カテゴリ:ひとりごと( 59 )

春に想う…

c0135480_18535491.jpg


c0135480_1854389.jpg


小学校4年生の誕生日に父からもらったプレゼント

c0135480_1854126.jpg


最初に模写したのはこの眠った猫。その後犬や狐等を描いた覚えがある。
絵を描いたり物を作ることが好きだった父
雲雀の鳴く春の野原で雀の鉄砲やタンポポの茎やカラスのエンドウを鳴らしたり
タンポポの茎で水車を作ったり
手作り画板を持って弟と一緒に川辺でスケッチしたり
何故か春の想い出が多い。

このプレゼントをもらった頃、黒猫の初代ニャンが我が家にやってきた。
親猫に置いて行かれた小さな子猫を脱脂綿にミルクを浸しで飲ませ
自分が母親のような気持ちで育てたことを覚えている。

1年後…小5の誕生日、ニャンは避妊手術の夜、何度も立ち上がろうとしながらも、虹の橋を渡ってしまった。
そして同じく小5の3月、父も病に負け、この世を去った。

多分私の人生の中で1番よく泣いた年だったと思う。

父の命日はいろんな思い出が甦ってくる。。。
[PR]
by mame-nyanne | 2013-03-20 19:08 | ひとりごと

Where the Hell is Matt?

とあるCMを見てからずっと、世界中でこの独特なダンスを踊るこの人が気になっていた。
そして、この独特なダンスが彼のオリジナルということを知ったのは実はつい最近のこと。


マット・ハーディング・・・アメリカ人。ビデオゲーム店で働き、次にゲーム雑誌の編集者を経て、その後ゲーム開発会社アクティビジョンでソフトウェア開発者として働いた。
元々彼はビデオゲームを作って遊びたいという希望を持っており、その希望は思いがけず早く果たされたのだが、何か物足りないものを感じていた。

彼は殺戮ゲームの開発に携わっていたが、「みんなを殺すようなゲームを作るのに、自分の人生を2年もかけたくない」と感じたことから、会社を辞め有り金をはたいて旅を始めた。これがこの有名なビデオが世に出る最初のきっかけだった。

マットの独特なダンスは仲間内でも有名だった。ベトナムを旅行中、友人と互いにビデオに撮り合っていた時に、友人が「ダンスしてみてよ」とマットにリクエストした。このビデオはマットのWebサイトにアップされ、最初は彼の友人や家族によって楽しまれた。

後にマットは、彼が中央で踊っているダンスシーンをつなぎ合わせ第一弾となる"Where the Hell WAS Matt?"を作成する。このビデオは電子メールを通じ人から人へと伝えられ、最終的には口コミによって彼のWebサーバには1日に2万以上のアクセスが集中した。言語の壁を越え、国から国へとそのムーブメントは静かに広がっていった。




マットは2006年にその後の旅行のシーンを追加した"Where the Hell is Matt?"を作成した。この第二弾のビデオの作成にあたっては、チューイングガムのメーカーStrideがスポンサーとなっており、マットが旅行費用の工面に悩む必要が無くなった。



そして、マットは第三弾として"Where the Hell is Matt? (2008)"を公開した。このビデオは42カ国を14ヶ月かけて回り製作されている。



こちらが最新版“Where the Hell is Matt?2012”

                                       【WIKIPEDIAより抜粋】

「私たちは地球人」という気持ちにさせてくれるとてもHAPPYで、元気の出る素敵な動画ですね。


公式サイトはこちら
WHERE THE HELL IS MATT?
[PR]
by mame-nyanne | 2012-07-03 15:23 | ひとりごと

近況あれこれ。。。

c0135480_12111698.jpg


お久しぶりです。
佐渡裕さん木下晃さんの対談に5月初旬に出かけ
5月末にはフジコヘミングさんのコンサート偶然ですが
5月6月は予定が重なり、いろんな方の刺激を受けておりました。

日本画家、田渕俊夫さん の講演会・展覧会(メナード美術館)
翌日名古屋市美術館でも展覧会最終日だったのでこちらも。
ふと横をみると田渕画伯ご本人がいらしゃったので!お話もできました。
朝顔、ススキ等本当に身近な題材がしっとりと素敵な絵に仕上がって
以前智積院で屏風画を見たことがあったのですが本当に心が落ち着く絵です。

手足のないチアリーダ、佐野有美さん の講演会
20代前半の彼女の笑顔は本当に素敵で
たくさんの元気をいただきました。

以前習っていたタップダンスの先生から案内があり
娘の幼稚園でお世話になった先生も
同じ先生からタップを習っていらっしゃったご縁で
久しぶりに一緒に行ってきました。

山下洋輔氏&玉木正之さん の対談(中日文化センター)
小さな教室の片隅においてあるごく普通のYAMAHAのアップライトピアノで
ピアノを時々ご披露してくださりつつの対談、ジャズのルーツ
前衛アートでピアノ炎上の中弾かれたこと
新宿PITIN で浅川マキのピアノを弾いていたこと
ジョンケージとオノヨーコのパフォーマンスのこと
学園紛争時代に田原総一朗との思い出の事件のこと
あまりに印象深い話が盛りだくさんで
今年古希と感じさせないキラキラした少年のような瞳でした
展覧会の絵とボレロを6月24日の公演で演奏されるそうです!
どんなふうに盛り上がるのか気になります(笑)
茂木大輔さんのクラリネットも見たいのですが予定が入っていてこれは行けません。

「つみきのいえ」の作者加藤久仁生展(刈谷美術館)
絵の好きな長女もとても影響され
帰宅してから親子で加藤さんの絵を模写していました。
加藤さんの世界、面白いです。

亀工房(アコースティックギターとハンマーダルシマーのデュオ)
春日井市にあるアイリッシュ音楽の流れるカフェカレドニアにてライブ
10年前からファンで時々ライブを見に行っているのですが
アイリッシュ、日本の歌等色々心を癒してくれるライブでした。

盛り沢山な2ヶ月でしたが、今週末を最後にようやく落ち着きそうです。

今週末は次女の学校のPTA旅行(日帰り高山)と
コーラスの発表会が。。。

コーラスはこの水曜日、発表前の最後のレッスンなのに
「アルト気持ちがこもってない」「声がきつい」
「お経みたいです!」と注意されっぱなしで。
6月から仕事も落ち着きやっと毎週練習に参加できるようになったのですが
3曲暗譜はなかなかきつい。。。
未だ隣の人の音を探りながら歌っているので
ダメダメコーラス部員です。

ところでピアノは。。。
最近お気に入りの「森のざわめき」「エオリアンハープ」(どちらもギロック)ばかり
練習してます。自分に甘いので、今は無理せず気持ちよく弾けるものを
練習しています。益々左手が動かなくなりそうですが、弾かないよりはいいかなと。
弾いて気持ちが良いというのはいいですよ~
という、相変わらず緊張感のないピアノ練習ですが。。。

と、近況まとめてご報告でした。
また時間をみつけて皆さんのブログも訪問させてくださいね。

c0135480_1220428.jpg

[PR]
by mame-nyanne | 2012-06-22 12:13 | ひとりごと

修行中

c0135480_1045910.jpg


               おいしそうな
               鰹節・・・!?

c0135480_1010529.jpg


               まな板を買い替えようと思い
               買い物に行ったのですが
               鉋(かんな)を購入してしまいました。

               以前、技術家庭でかんな削りをしたという次女(中3)に
               「ここを叩くと刃が出て戻すには・・・」と
               「基本のき」を教えてもらいながら

c0135480_10112869.jpg


               案外難しい。というか、かなり難しい。
               小さい鉋だから?そういう問題じゃない?

               コツコツと暇さえあれば作業台で。まるで工房のようです。

c0135480_1012030.jpg

            
               「綺麗になったでしょう~」(自己満足)

                よく見ると波打ってます。当たり前ですが、まな板は平らじゃないと。
                仕上げと思っているうちに気が緩んでガリッと深削り!

                で、またやり直し

                「う~ん、まるで人生のようだ。」かんな削りに哲学を感じつつ
                この3日間、両腕が筋肉痛というバカな私・・・

                とはいえ、桧の良い香の中、無心に木を削る作業は
                心を落ち着かせる精神修行ともいえます。
                鉋セラピーとでも名付けましょうか^^


c0135480_10124672.jpg

                     
                あの板で爪とぎしたい・・・ (いちご)
[PR]
by mame-nyanne | 2012-02-01 10:33 | ひとりごと

22日午前零時~半径20キロ圏内警戒区域指定

警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討2011.4.21 23:48

 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。

 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。

産経ニュース2011.4.21


多くのボランティア、そして応援する人達からの願いが通じたのでしょうか。
私は直接ボランティアに関わってはいませんが、応援しています。

犬猫救済の輪さんのブログ

しかし。。。

今頃になって検討とは。。。
室内飼い猫の生存率は10パーセントと言われている。
2、3日後には自宅に戻れると多くの人が思いペットを自宅に置いてきたことでしょう。
牛や犬達が群れとなって歩く姿もyoutubeで見ました。
同じペットを飼う身として、辛く心を引き裂かれるような思いが伝わってきます。
そして、室内多頭飼いのペット達がどうなるか、記事を目の当たりにして衝撃を受けました。。。

福島第一原発20キロ圏内警戒区域指定となった今、ボランティアさん達の活動は?
被爆を覚悟で自己責任のもと、活動されている方たち、本当にお疲れ様です。
ペット里親に募集したいと思いつつ、今の4匹で手一杯状態の我が家で申し訳ない。

ペットを連れ出し避難所で肩身の狭い思いで過ごしている人
保護ボランティア、一時預かり里親に一緒に過ごせる日が来るまで預ける人
やむなくペットを解き放した人
家に入れたままで戻りたくても戻れない人

もしそういう状況がわが身に振りかかってきたとき、どうしたらよいのか。
「4匹はさすがに連れて逃げられないよねぇ」と、ある人に言われましたが
常識的な意見なのかもしれないけれど、分かってはいるけれど、決して言われたくない言葉で悲しかった。

ペットも大切な家族の一員だから。。。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-04-22 01:33 | ひとりごと

いろいろな立場

今朝、新聞に「陸の孤島」と化した福島県南相馬市にあえてとどまる決断をされた
ご家族のことが載っていました。

原町区に住む元大学教授の佐々木孝さん。
原発から23キロ程の原町地区みは屋内退避指示が出て、地区の約三万人の八割は退避指示の出ていない県内や他県に避難していったという。支援物資を積んだトラックは被爆の「風評」を恐れて入ってこない。
「食料や生活必需品が底をつくのでは...」という恐怖心は日々強くなるけれど98歳の母、認知症の妻、長男夫婦、二歳10ヶ月の孫娘の6人で町に残ることを決めたという。
大震災前まで厳しい原発批判を続けてきた彼曰く
「親鳥が餌を運んでくれることを信じる小鳥のように。奈落の底から見上げれば真実が見えてくる」
                                            (中日新聞3月22日付より抜粋)


*********************************************
いろんな立場でいろんな考え、思いがある。。。
長男ご夫婦も、ものすごい葛藤があったのではないかと思う。つい同じ年代の立場目線で考えてしまうけれど。
福島から避難された人達、余儀なく残ることになった人達、
残ると決心された人達、原発の被害を食い止めようと必死で作業されている人達
被災地で不便な生活を送られている人達、避難された人達
農産物停止による農家の人達、消費者

どの立場で考えるかで考えが180度異なってきてしまう。。。
風評に惑わされることなく、応援することが私にとってできる最大のこと、というのがもどかしい。
難しい。。。

佐々木さんのブログはこちら↓

           モノディアロゴス      
[PR]
by mame-nyanne | 2011-03-22 10:21 | ひとりごと

シェルターボックス

SHELTER BOX

希望のBOX、早く届きますように!(00個余りというけれど、どのように利用されるのか
物資の公平な分配というのはいろんな意味で難しい。)
でも
安全な空気、水、食べ物が前提なんですよね。。。

福島第一原発で危機脱却に向けて命がけで作業されている皆さん、福島県、福島県近郊の皆さん
のことを思うと毎日のニュースを見ながら祈るばかりで何もできず申し訳ない気持ちです。

「我が県の原発は大丈夫」ではなく
今こそ国レベルで原発廃止に向けて真剣に考えなければいけないと思います。

便利だけれど危険 or 不便だけれど安心。。。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-03-21 01:45 | ひとりごと

がんばらなくちゃ!

c0135480_16123168.jpg


                           
                          地震から5日過ぎました。。。
                          厳しい寒さの中で過ごされる避難所等の方々を思うと
                          辛いです。。。

                          家族を失った方の涙、出会えた方の涙の映像に
                          一喜一憂していますが、そんな中、赤ちゃん誕生のニュースに
                          希望の光を感じました。
                          家族を亡くされた中、炊き出し等のボランティアに積極的に
                          頑張る人達を見て
                          「祈るだけで、何もできなくて・・・」と歯がゆくテレビを見ているだけでなく
                          何かできることはないかと考えを改めようと思いました。

                            
                          各イベントが中止になる中、先週の日曜日はコーラスの交流会が
                          あり、参加してきました(今年私たちのグループは当番係)
                          こんなときに。。。の意見もありましたが
                          こんなときだからこそ!ということで開催決行
                          受付に義援金の箱も設けて。
                          
                          計画停電、大変ですね・・・
                          私の住んでいるところは直接は関係ないのですが
                          他人事ではなく、体験してみるのも必要かと思います。
                          「原発」に頼った豊かな生活の見直し、
                          地震国日本全体で考えないと!
 
                          前向きに、今元気で過ごせることに感謝して生きたい気持ちで
                          いっぱいです。

                           



                           
                                                      
                           
                           
                           
                           
                           
                           
                           
 
[PR]
by mame-nyanne | 2011-03-16 17:37 | ひとりごと

すっきりした空間にしたいのですが

c0135480_15252779.jpg


                            う~ん。。。
                            まるでパズルのようです。
                            私の部屋の片付け方って^^;
                            右のものを左に左のものを上に
                            動かしているだけのような感じ。
                            
                            収納を作ることより
                            もう少し物を減らさないと。。。
                            と思いながら、今日は押入れの引き出しを
                            買ってきてしまいました。
                            できれば棚も作りたいと思いながら。

                            物事は計画的に
                            そろそろ思いつきの行動は危険ですね^^;

                            それにしても、心を鬼にしないと
                            なかなか捨てられない。

                            

                            
[PR]
by mame-nyanne | 2011-01-14 22:15 | ひとりごと

断捨離ブームですが。。。

c0135480_9531980.jpg


                             あれがしたい
                             これがしたいと
                             言いながら
                             結局何もできず
                             毎年流されるように
                             過ぎていく。。。
                             そしていつのまにか
                             物が溢れている

                             今年こそは、生活改善を
                             心がけたいと思います

                             好奇心旺盛も結構ですが
                             欲張りで、優柔不断なんですね、私。

                             う~ん。。。
                             まずは家の中の整理と自分自身の整理が
                             したい。あ、また「たい」がひとつ増えた!
                             

                             まずは

                             Coffee breakとしましょう~♪


c0135480_1043151.jpg

                              

                            猫達を見てると
                            「ま、いっか」と。。。思ってしまう。
                            意思の弱い私なのです^^;
                            
                            
                            断捨離ブームに乗っかって
                            間違って大切なものを
                            捨てないようにしたいと思うのは
                            私だけでしょうか?



c0135480_1032283.jpg


                            注)この本棚の写真はまめが4ヶ月の頃のものです^^
                              

                               


                            

                          
                          
[PR]
by mame-nyanne | 2011-01-12 10:27 | ひとりごと