のんびりtime♪

カテゴリ:音楽( 26 )

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独



グレングールド 天才ピアニストの愛と孤独

そのエキセントリックなイメージと特異な演奏法でクラシック界の異端児と言われ
かつアイドル視されたグールド、今迄知られることがなかったグールドの心の家を彼が
愛した女性たち、彼の古くからの友人、仕事仲間が語り、グールドの本質に迫るドキュメンタリー。

一週間の内に2度も足を運んだ映画はこれが初めてかも(苦笑)1回目は友人と。
名古屋ではシネマテークというミニシアターで公開中なのですが、2回目、長女と行ったときは
祭日で女性1000円デーだったせいか超満員で補助席、最前列に座椅子も置かれるという状況でした。補助席に座りつつ「グールドを座椅子で鑑賞」というのも面白いかも♪とふと思いました。
でも、やはり観る側としては背筋を伸ばして鑑賞したいような。。。

映画終了後に晩年のゴールドベルク変奏曲が静かに館内に流れていたのが印象的でした。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-11-06 08:40 | 音楽

ベートーベン ピアノソナタ 悲愴










今、我が家でいつも流れている曲。。。
悲愴第一楽章は次女、第二楽章は長女が習っています。
ピアノのレッスンを受けている娘たち、悪戦苦闘しておりますが
多分数か月のうちに一応は弾けるようになるのでしょうね。

私は弾けるところだけ部分練習。
第一楽章の半音ずつ下がる長いパッセージ、何十回も繰り返してますが少しは進歩しているのかな。

私はいつのことになることやら。
生きているうちに、「ベートーベンソナタ悲愴全楽章を弾くこと」が夢のひとつ。


「また大風呂敷を広げちゃって!」
「有言不実行?のパターンだね」と笑われないように
うんと長生きしないと。。。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-08-23 00:34 | 音楽

亀工房ライブ

c0135480_2104632.jpg


4年ぶりに亀工房さんのライブに行ってきました。
前回の記事はこちら→♪♪♪亀工房さんは、ハンマーダルマシーとアコースティク・ギターの編成によるディオ・バンド。
日本では珍しい「ハンマーダルシマー」の澄んだ美しい音色と
アコースティク・ギターの緻密なアレンジにより重厚なハーモニーをかもち出す。
1993年に結成以来、全国各地で演奏会を行っているプロのグループです。

今回も北海道ツアーの後、兵庫京都と回り最終日が愛知だったのです。
保育園では子育てについても講演(お二人は6人のお子さんがいらっしゃるんですよ)
デイサービス~ライブハウスまで、彼らの曲はどの世代の人にも
希望と喜びと癒しを与えてくれるのです。

久々のライブ、音響の良い木の香りに包まれた素敵な自宅スタジオ*DENPO-G*さんにて
楽しいひとときを過ごすことができました。自宅スタジオといってもかなり本格的で
亀工房さんも音響が良いと絶賛でした。

アイルランドの古い音楽や日本の歌、オリジナルの曲等
私の好きなジャンルの曲が盛りだくさんで。
しかもお二人の雰囲気のよいこと。
話すのが苦手とおっしゃる笑顔の素敵な奥様の明美さんが
ひとつひとつ丁寧に言葉を選びながらのMCに愛情あふれたつっこみ(?)の勝典さん。。。

ライブの合間の休憩時間は美味しい珈琲&バナナケーキ(オーナーの奥様の手作りでしょうか)をいただきながら、
ギター好きな常連とみられるお客さんや、亀工房さんの20年来のお知り合いという方
とも会話が弾み音楽好きな私にとっても居心地の良い空間でした。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-07-12 10:18 | 音楽

YAMAHA PIANO FESTIVAL


「抒情小曲集 第5集」より ノクターン Op.54-4   グリーグ

                      

「十の絵画的小品集」より 村の踊り   シャブリエ




幻想即興曲 Op.66   ショパン




「幻想小曲集」より  飛翔 Op.12-2   シューマン




ソナタ 第8番 Op.13 「悲愴」 第3楽章  ベートーベン



YPFコンクールなるものに初めて参加させていただけました。

「幻想即興曲か悲愴か飛翔のどれかを弾いてみたい。幻想即興曲は難しいかな。。。」
最終的に、悲愴か飛翔かずいぶん悩み次女が選んだ曲は最後の曲、ベートーベンの悲愴第3楽章。
24人中、なんと11人がこの曲を演奏しました。
シャブリエとグリーグの曲はこのコンクールで初めて聴いたのですが素敵な曲です。

課題曲全てをUPしてみましたが、どの曲も素敵で何度聴いても飽きないほど。。。
残念ながら入賞はできませんでしたが、次女にとって、私にとっても本当に貴重な経験となりました。
最後まで娘を励まし応援してくださった先生に感謝です。


最後に審査員の方の言葉を紹介させてください。

①表現するために。。。自分がリラックスして素直に出せる状況を作る。

②よりよい演奏をするためには。。。曲に対し、作曲家に対し、理解を深める。
                      好き≒理解するということ
                      例えばバレンボイムは10代から、何年かおきにベートーベンソナタ全曲を
                      弾くコンサートを行っているそうです。

③~しないようにしようと思わないこと!。。。例えば左の音が大きすぎると言われたら、大きくならないように
                           気をつけるのではなく、右手をひきたてるようにするには左手を
                           どのようにしたらよいか、考える。
                           ~しないようにしようと考えることはまるで縄でしばられた状態。
                           思っていることを素直に行い表現できる瞬間が
                           とても幸せな時間であるということ。

*********************************************

これは音楽だけでなく生き方においてもずいぶんと参考になる考え方だと思いました。
子供達の素敵な演奏に、そして審査員の方のお言葉に、癒され、励まされ、元気付けられた素晴らしい時間でした。
[PR]
by mame-nyanne | 2011-02-07 22:02 | 音楽

ピアノの発表会



                           クリスマスの日に。。。

                           次女(中2)のお友達のピアノ発表会がありました。
                           特に素晴らしかったのがお友達の弾いた
                           シューベルトの即興曲と
                           そして1つ上の学年の子が弾いた
                           ベートーベンのテンペスト
                          
                           お母さん達も参加のリコーダー合奏
                           エーデルワイスも素敵で・・・
                           素敵な時間を過ごせました。
                         
                           さて。。。
                           クリスマスも終わったので、気分を引き締め
                           年末年始を気持ちよく過ごすために頑張らないと!
                           
                           
[PR]
by mame-nyanne | 2010-12-27 01:02 | 音楽

MOTHER



                         
                            幼いころ両親が離婚
                         2度母親に捨てられたジョンの想い

                              妻を、子供を愛し
                            家族を大切にしたい・・・
                           人一倍そう思ったことでしょう


                             Mama don't go
Daddy come home...

Mama don't go
Daddy come home...
[PR]
by mame-nyanne | 2010-12-09 01:12 | 音楽

手紙っていいね♪

                                   


                              


                               少し前にNHK「みんなのうた」で流れていて
                               お気に入りの一つとなったこの歌
                                      
                                    「虹色ラブレター」

                               ある別の歌を探しているうちに
                               諌山実生さん作詞作曲で、歌もご本人と知りました。
                               西山としおさんのアニメーションも可愛いです。
                               
                               元気が出て楽しくなる曲・・・
                               思わずスキップしたくなりませんか^^♪
[PR]
by mame-nyanne | 2010-05-31 08:59 | 音楽

一生の宝



c0135480_104164.jpg


c0135480_143420.jpg


c0135480_0103964.jpg


                              素敵な花束をいただきました。
                           

c0135480_0182899.jpg


                           発表会で弾いた曲はずっと忘れないもの。

                           宝が一つずつ増えていくのが楽しみです♪

                           今回次女が弾いたのはモーツァルトのソナタ。

                           Mozart Sonata No.12 in F Major K 332  3rd movement: Allegro assai  
                         
                           長女はこれから発表会の曲決め

                           これもまた楽しみです♪


c0135480_0314819.jpg


                                 いつかワタシも。。。♪ byきなこ
[PR]
by mame-nyanne | 2009-12-05 00:39 | 音楽

CM

        

ビートルズのALL TOGETHER NOW、イエローサブマリンの映画で歌われてますが
楽しくてお気に入りの歌です。

最近知ったのですが、バドワイザービールのCMにも使われているんですね。
エキストラは何人でしょうか!?このフィルム、一切CG無しで列車の窓から撮られたそうです。
1人でもNGをだせばまた最初から全部撮り直しで大変だったとのこと。カメラを載せた列車の走行距離数もかなりだったとか。。。

chop the tree♪ のところ、厚い木の板を空手チョップ!?していたり、思わず双眼鏡で車窓から覗きたくなります。
映画もCMもCG主流の昨今ですが、こういうアナログ的な映像はかえって新鮮で、応援したくなりました。
皆とても一生懸命で楽しんでいる感じ、私も参加したかったな~♪

ALL TOGETHER NOW

1234
Can I have a little more
56789 10
I love you

A B C D
Can I bring my friend to tea
E F G H I J
I love you

Bom bom bom bompa bom
Sail the ship Bompa bom
Chop the tree bompa bom
Skip the rope bompa bom
Look at me

All together now

Black white green red
Can I take my friend to bed

Pink brown yellow orange and blue
I love you

All together now
[PR]
by mame-nyanne | 2009-11-25 17:07 | 音楽

音楽三昧の週末

c0135480_8583573.jpg


この週末は音楽三昧でした。
土曜日はアカペラをやっている友人に誘われて Robster Lobsterさん のライブに。
彼らのライブを見るのは2回目なのですがライブハウスで聴くのは初めて♪
狭い会場は本当に盛り上がりますね。楽しくて、格好良くて、面白いライブでした。
ビートルズ、エルビス、スティービーワンダーのほかにグッドラビングやカンフーファイティング等ノリノリの歌
も楽しかったし、11月のお誕生日の人が数名いたのですが、席までメンバー全員が出向いてお祝いしたりと
温かな雰囲気。歌だけでなくMCも本当に上手でお笑いライブといっても過言ではないほど。
オリジナルの歌、「うそつきのサヨナラ」や2回目のアンコールで歌ってくれたミスチルのカバー曲
「空風の帰り道」は思わず聞き入ってしまいました。この歌、マイク無しの生声で本当に素敵でした。

さて日曜日の午後は岡崎ジャズストリート2009に出かけました。
街の16会場で行われる50分×4回のライブ、同時に行われるので、本当に迷ってしまう。。。
ジャズといってもいろんな種類があるので、もしまた行く機会があれば予め下調べが必要だなと感じました。
それにしても、ジャズがあちこちで流れる街って素敵。
以前、チューリッヒの街角でクラシックを演奏する人達を幾つか見かけましたが、クラシックもいいですよね。
アカペラも、和太鼓、ロックバンド、ギター弾き語りも、民族音楽も全て含めて
音楽がいつも流れる街って魅力的だなって思うのです。


c0135480_859645.jpg

最後に気になったのがこの人(写真が分かりづらいですね^^;)
「お~私の好きな、ジョニーBグッドやレットイットビーではないですか@@。。。」
バンドが演奏しているのかと思い人だかりの後ろから背伸びして眺めると
たった一人で全ての楽器を演奏してました!
本当に一人とは思えないくらいのパワフルな歌声と演奏に驚きました。

ギターにキーボードをくっ付けて、ハーモニカもボーカルも。背中にドラムやシンバルもつけて
足でリズムをとっていた彼、面白くて格好良かった。
むか~し、メリーポピンズのバートや、TVでフランス人のワンマンバンドを見て感動してやってみたいと
秘かに思ったこともありますが、かなり難しそう。。。でも
難しいと少しも思わせずに人を楽しませてくれるワンマンバンド、好きだな。



                                           ★DICK VAN DIKE(MERRYPOPPINS)

気になって検索してみたらすぐヒットしましたよ!
FUNNY TOMBOWさんという方だそうです。




                                           ★FUNNYTOMBOWさん
[PR]
by mame-nyanne | 2009-11-09 08:50 | 音楽