のんびりtime♪

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

春色の汽車に乗って~♪

c0135480_15372937.jpg

                        電車でゴトゴト1時間余り。。。海へ行ってきました♪

c0135480_1685778.jpg

                        まずはイチゴ狩りとバーベQ
   

                        町中を通り抜け海岸まで20分程歩くと

                                    そこは海~~~~

c0135480_1540110.jpg

                        キラキラと輝く水平線が目に飛び込んできたとき
                         思わず「わぁ~!」っと叫んでしまいました。
                         久しぶりの海に、裸足で駆け出した娘達。
c0135480_15424456.jpg

                         風の強い春の海でしたが
                         波を見ているだけで本当に気分が良いものです。

                                 お土産は
                      拾った貝殻とさらさらの砂(甲子園みたいですね^^;)
                                  そして
                   生まれて初めてみたタコノマクラ...かな?(スカスカシパンもこの種類?)
                                   ↓
c0135480_15463014.jpg


日帰りプチ旅行でしたが桜、菜の花、つくしに苺と春がいっぱいで
久しぶりに海も見ることができ楽しい一日でした。
母の万歩計は16000歩を示していましたが
殆ど疲れなかったのは、とても気分が良くリフレッシュできた証拠だと思います^^
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-30 16:17 |

野に咲く花


c0135480_23394587.jpg


c0135480_2350267.jpg

                        野に咲く花のように 風に吹かれて

c0135480_2351183.jpg

                        野に咲く花のように 人を爽やかにして

c0135480_2346414.jpg

                        そんな風に僕たちも 生きてゆけたら 素晴らしい

c0135480_23483430.jpg

                     時には辛い人生も 雨のち曇りで また晴れる

c0135480_23543065.jpg

                     そんな時こそ 野の花の 健気な心を 知るのです♪
 


                     小さな声で口ずさみながら 幸せなひと時。。。帰り道にて  
                           ※風に吹かれて→雨に打たれて 人を爽やかにして→人を和やかにして が2番の歌詞なのですが…
                       
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-28 00:07 | 自然

ピアノの発表会


c0135480_18413943.jpg

今日は長女のピアノの発表会でした。

今年になってから楽譜を渡され
あっという間の2ヶ月半
ドビュッシーの「アラベスク第1番」
普段弾いている曲より少し難しい曲だったので
(特に8分音符2つに3連符を入れるリズムにてこずっていたようです)
正直あともう1ヶ月あれば
もっと自分のものになっていたかなぁと思いますが
でも、忙しい中よく頑張りました!

発表会で弾いた曲は大人になっても忘れないので、
また一つ宝ができて本当に良かったと思います。
私にとっても想い出の曲がまた一つ増えました。

ショパンの「幻想即興曲」がいつか弾きたいという娘、
これからも目標を持って続けられますように。。。

私はといえば・・・
ドビュッシーの「こどもの領分」をあちこちつまみ食い
モーツァルトの「きらきら星変奏曲」の好きなところだけ弾いてみたりと
相変わらず進歩が見られません。

「継続は力なり・学問に王道なし」と分かってはいるのですがいつも気まぐれで・・・
子と共に成長を心がけたいものです。
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-26 16:55 | 音楽

こまったちゃん

c0135480_22553034.jpg



c0135480_22531242.jpg











c0135480_22561432.jpg


絵になる二人。。。



なんて親ばかですねぇ。
今日は凛々しい姿のまめちゃんですが
親泣かせな事がもうひとつ(前に爪とぎで話題になりましたけど)!

「トイレ」

これは、かなり大問題です。我が家は猫のトイレが人用トイレに入れてあります。
ニャンは殆ど失敗しませんが、まめはたまに成功します(泣)
そして大きいほうについては100%外します!

堂々と、ど真ん中に(怒) 無垢の床に少しずつシミが。。。
そして、こげ茶の節模様がある我が家の床、運がいいとウンを踏んでしまうことも!
家族全員経験者です。。。

トイレを増やしても外します。何か良い手はないものでしょうか?
消臭しつけスプレー片手に毎日繰り返されるこの作業。。。
まめの意地としかいいようがありません。
「まめ!ダメ!」が「まめ!マメ!」にしか聞こえないのかも。
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-24 23:24 | ねこ便り

イースター

c0135480_22193393.jpg
イエスの復活を祝う祭りでキリスト教最古の儀式
今年は23日ですね。

クリスマスを始め最近ハロウィーン等もお店が賑やかに飾られますが
イースターの風習はあまり定着していない様子ですね。
でも商業主義で何もかもお祭り騒ぎにしてしまうのどうかと。。。
NYのイースターパレードは華やかですが、ヨーロッパの古い街、田舎はどうでしょうか?
各国の祝い方を調べてみるのも面白いと思います。

先日、小学校で絵本読み聞かせと工作のボランティアがあり
イースターエッグ型カードを作ってみました♪






                       カードを開くと中に好きなものやメッセージ等が描かれています。

c0135480_22231187.jpg

c0135480_22264536.jpg



♪豆知識♪
ポリネシア諸島の最東部にあるイースター島、あのモアイ像の島。。。
現地の人には「ラパヌイ(Rapa Nui=偉大なラパ)」と呼ばれているそうです。
1722年に、初めてこの地を訪れたオランダ人のヤコブ・ロッゲフェーン氏が
イースターサンデーにこの島に到着したことを記念して「イースター島」と名付けたとのこと。

c0135480_22292230.jpg
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-22 22:37 | 手作り

楽しい時間

今日は久しぶりに弟夫婦が母と一緒に遊びに来てくれました。
手土産にいただいた福砂屋のカステラ
全て手作業で作られているのだそうです。
丁寧に作られた生地はしっとりして底のざらめのシャリシャリした歯ざわりもよく
本当に美味しかったです。
後でHPを知ったのですが、↑こちらで作る過程が見られます。

ティータイムに話も弾み、猫と遊び本棚を物色、
ピアノやギターで遊び(?)あっという間に時間は過ぎました。
楽しい時間をありがとう♪

ニャンもまめも遊んでもらえてよかったね。
猫なりに気を遣ったみたいで!?後でグウグウ寝てましたよ^^


c0135480_0165550.jpg










めずらしく至近距離の二人
ニャンの方からまめの近くに来るなんて滅多にない。
ちょっとビビリながらも
c0135480_0243076.jpg









                                                                                                       睡魔に負けたまめちゃん^^   zzz・・・
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-22 00:27 | 家族のこと

父の思い出


c0135480_18365655.jpg山道の途中で口にしたイタドリ(野草)の甘酸っぱい味
草木遊び
山で採集した土粘土で作った皿や埴輪


c0135480_1844834.jpgベニヤ板の手作りガバンを持って川岸でスケッチ
手作り竹馬
半日かけて8ミリで撮った松葉ボタンの開花
蛙やへら鮒釣り


c0135480_18405537.jpg庭を眺めながらハーモニカで奏でる荒城の月
年賀状の版画(日本の城シリーズ)
切り絵遊び
鳥達の餌バー

c0135480_18453459.jpg俵型の大きなおにぎり
無水鍋で作った焦げたロールパンの匂い
ミニかまくら作り
手作りそり


c0135480_17503122.jpg物心ついた頃とは
いったい何才くらいのことを言うのでしょう。。。
小学校2年~4年の夏までの間に濃縮された
元気だった頃の父との思い出


c0135480_18423888.jpg混んだ場所が苦手で遊園地やショッピングに行ったことは無いけれど
子供の私にはワクワクすることばかり
自然や城跡の好きだった父はよくドライブに連れて行ってくれました。



c0135480_1839431.jpg私が小4(弟は小1)の夏発病、入退院を繰り返し、小5の春他界(享年37歳)
3月20日、お彼岸の今日は父の命日

手づくり、自然、生活を愉しむこと等を
教えてくれた父に感謝したい。。。


                            写真は昔父が撮ったもの。。。先日弟がCDに移してくれました。
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-20 18:48 | 家族のこと

春の花束


c0135480_1764441.jpg




c0135480_1863794.jpg
今日は朝から雨・・・
あいにくの天気の中、今日は小学校の卒業式でした。
次女は小5なので在校生ということで参加

2年前長女が小学校を卒業した時、友人から花束をいただきました。
スイートピー、ガーベラ、カスミソウ、ユーカリの可愛い花束♪
そして今日は友人のお嬢さんの卒業式
予約してあった花束をもらいに午後から花屋に・・・
淡いピンクのチューリップ、白のアネモネ、ヒペリカムとマトリカリアの春らしい花束♪
花束っていただくのもプレゼントするのも楽しいですね♪
写真を撮り忘れてしまったのが残念です。

その代わりと言っては何ですが
昨日カメラに収めた庭のクリスマスローズ
好きな花の一つ、しばらくの間楽しめそうです^^
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-19 17:56 | ひとりごと

灯り

c0135480_23375917.jpg

                         下から照らす灯りは心が落ち着きます。
                         ろうそくの灯やたき火も。。。


c0135480_23392888.jpg

                         この照明、娘の手作りです。
                         中学校で技術の時間に作ったもの。
                         プラグも木を切るのも全て自分で。
                         「火を噴くかもしれないよ・・・」
                         なんて怖いことを言っていましたが
                         あちこちの部屋に持ち歩き、自分だけの灯りを愉しんでいます。
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-16 00:22 | 手作り

レンブラントの夜警

友人と映画「レンブラントの夜警」を観て来た。
彼女は昨夏、レンブラントハウスや国立博物館アムステルダムを訪れ実物の「夜警」にも出合っている。

若くして莫大な富と名声を極めた画家、レンブラントが何故転落の人生を歩んだのか?
謎を解く鍵はオランダの至宝、内外不出の名画「夜警」に隠されていた。
侮辱、告発そして陰謀。。。
自身美術作家であるピーター・グリーナウェイ監督が長い間多くの謎に包まれてきた
世界的名画「夜警」に迫った作品。

中央に光を当てた舞台仕立て、幻想的で芸術的な映像の中
「人間」レンブラントが怒り、喜び、哀しみ、憤る。
そして彼が「夜警」で描いた人々との愛憎劇が繰り広げられる(R15指定)。

実話ではないが、全てフィクションとも言い難いこの映画、実際はどうだったのだろうか。
そして登場人物の多さに理解しきれず、モヤモヤを残したまま映画館を後にした。

それにしても、愛妻サスキアが1才のティトゥスを残し若くして亡くなることが無かったとしたら
彼の後半の人生はどうだったのだろう。少なくとも、共同墓地に葬られることはなかったような気がする。
[PR]
by mame-nyanne | 2008-03-14 22:11 | 映画