のんびりtime♪

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

徳山ダムに思う。。。

「徳山ダム(岐阜県)までドライブしよう♪」と夫が提案してくれました。
期間限定(13~17日)で観光放水が実施されるとのこと。
このところ、部活やら、子猫やらで、外出もままならない日々。。。
日帰りですが、久し振りに家族で出かけることにしました。


徳山ダムというと、私は、このおばあちゃんの姿を思い出すのです。

c0135480_18274047.jpg


「おばあちゃんは木になった」(2002 ポプラ社)というドキュメンタリー写真絵本で知ったおばあちゃん。

カメラマンである作者、大西暢夫 氏はみんな他所へ引っ越して誰もいなくなってしまった村へと通い
「ダムが出来るまで…」と電気もガスも届かなくなってしまった村へと戻ってきた
数人のおじいちゃん、おばあちゃんを撮り続けました。

自分の生まれ育った村がダム建設に伴い水底に沈んでしまう。
反対行動などを起こすわけでもなく、現実を受け入れ、それでも自分たちの村を捨て切れず
大切なふるさとでのタイムリミット一杯までの生活を選んだ人たちの表情はどれも本当に清々しくて美しい、そして逞しい。

「ふるさと」は誰にとってもかけがえのないところ。
<開発>この言葉のもとに一体どれだけの人の愛すべき日常が奪われたのだろう。そう思うと、この開発が村を捨てざるをえなかった人たちの納得のいくものであってほしいと願わずにはいられません。

表紙のおばあちゃんの名前ははつよさん。一体何に手を合わせているのかというと…。

杉林の中に射し込んだ夕陽が、はつよさんの顔を赤く照らした。
「みんな街に行ってまったけど、
徳山の神さまは今までどおりおってくれとる。
わしにはそれがわかるんじゃ。
きっと一番最後まで残ってくれるんじゃろな」
そう言って手を合わせた。


はつよさんはこの村で亡くなったそうです。
大西さんが主を無くした家を見に行くと、家の前に小さな木が立っていたそうです。
きっと誰が植えたというわけでもなく、実が落ち、芽を出し、少しずつ成長を続けていたのでしょう。

「はつよさんだ!」
どうして今まで気付かなかったんだろう。
はつよさんはトチの木が大好きだった。
毎年、実がなるのを楽しみにしていた。
はつよさんはきっと、
自分が一番好きな木になったんだな。
そして、徳山村の木の神さまになったんだ。


はつよさんのように、ダムの完成を待たず、この世を去ったおじいちゃん・おばあちゃんがいたことでしょう。
ダムの底に沈んだ村、466世帯(約1500人)の人達の気持ちを思うと何ともやりきれない気持ちになります。

そして国内最大級のロックフィルダムが昨年完成。一部では必要性も問われ論議をもかもし出したダム。
ダム完成までに携わった様々な人々の気持ちを考えながら、感謝して大切に水を使いたいと思いました。

ダムのスケールと放水に「ワーッ」と歓声をあげていた娘達、帰宅後、感慨深げにこの本を読んでいました。
便利な生活がつい当たり前に思えてしまうのですが、「開発」の光と影について時には考えることも
時には必要だと思いました。。。

c0135480_18244264.jpg
c0135480_18254423.jpg


c0135480_1827039.jpg


最後に・・・増山たづ子さんというアマチュア写真家のおばあちゃんが撮り溜めた写真集も出版されていますが、こちらの本も見てみたいと思いました。
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-20 18:39 | おでかけ

にらめっこ

c0135480_23435973.jpg

                                 にらめっこしましょ


c0135480_2349424.jpg

                                 唸ると負けよ。。。
                           
                                                

c0135480_23564168.jpg

                                何だか眠くなってきた。。。
                                                    
c0135480_23554859.jpg

                                こちらももウトウト。。。
                                                
c0135480_0151456.jpg

                                心配そうな、きなこ


c0135480_0454450.jpg

                                 この日もにらめっこ

c0135480_0491061.jpg

                                 いちごの眼力はすごい。堂々としてます。

c0135480_0171342.jpg

                                 まめも負けていません。


c0135480_051373.jpg

                             そして。。。
                             この至近距離(まめは嫌々ながらも)!
                             鼻と鼻で挨拶もできるようになりました。
                             まめもシャーッて言わなくなってきました♪
                             順調順調。。。^^v

さて問題はニャン。ロフトに篭るか籠から出てこないか、或いはウ~ウ~シャ~シャ~威嚇しまくってます。
最近は、まめにまで当り散らし、自分でもどうしてよいのかパニックみたいです。
ストレスでまた体調を壊さないか心配。まだまだ時間がかかりそうです。。。

c0135480_1223982.jpg

                                    私は一人っ子がいいの~!
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-18 23:30 | ねこ便り

ブルーベリー

c0135480_0185652.jpg


                        ブルーベリーの美味しい季節ですね。
                        名古屋は蒸し暑いので、ベリー類は適さないと思うのですが
                        今年は梅雨明けも遅い上に台風もやってきて
                        しかも、今朝は地震!(これは収穫と関係ないですけど・・・)
                        そんな中でも何とか実ってきましたよ。

                        朝食のヨーグルトを少し彩るくらいですが
                        何だか嬉しい♪
                        でも、家族にとっては当たり前になってしまい
                        「ほら見て、庭のブルーベリーだよ~」とテンションが高いのは
                        私だけのような。。。

                          
                        ブログを始めた2年前は、たったの7粒だったけれど
                        一粒ずつ大切に味わった、そんな頃がちょっと懐かしい。。。
                          


c0135480_0582990.jpg

[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-12 00:50 | 庭の話

ここなら安全。。。

c0135480_8342574.jpg


さあ、どうする?まめちゃん。。。?
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-10 08:47 | ねこ便り

宇根利枝さんのこと

 広島県の原爆犠牲者の慰霊碑に水をささげる「献水」を半世紀以上も続けてきた
被爆者宇根利枝さん(90)の活動が、TVで紹介されていました。

 宇根さんは爆心地から約2・7キロ離れた兵器工場の託児所で被爆。熱線や炎に焼かれ、のどの渇きを訴える被爆者のために水をくみに行こうとしましたが「爆弾で毒が混じった水を飲ませたら死ぬ」と周囲に止められ、泣く泣く諦めたそうです。その時の「水を~」の声と姿が脳裏にこびりついて忘れられないといいます。

 終戦から10年後の夏、同市西区の教順寺で澄んだ水が流れ落ちる滝を見つけ「あの時の約束を果たそう」と決意。市内を中心に約120カ所の慰霊碑を巡り、一升瓶に詰めた水をささげて冥福を祈る日々が始まった。小柄な90歳のおばあちゃんが炎天下の中、カートで運ぶ姿に頭の下がる思いです。

そんな宇根さんのことが書かれた絵本があるとのこと。

c0135480_002351.jpg


c0135480_083563.jpg


こちらの本も併せて読んでみたくなりました。娘達は私が語るよりずっと素直に感じてくれると思いますし、
「絵本読みきかせ活動」でも使いたいと思っています。

被爆者の語り部の方の平均年齢が75歳を超えた今、絶対に過去のこと、他人事で片付けてはいけないと思います。
私は恥ずかしいことに、まだ広島も長崎も訪れたことがありません。
いつか必ず行きたい、行かなければならない義務があると思うのです。


 
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-07 00:09 | ひとりごと

ガンバレ、まめちゃん!

c0135480_18333954.jpg


                           

c0135480_1834091.jpg



                           実家に出発する日の朝のこと(8月2日)
                           きなこに「ニャー」」と鳴かれ、思わず固まるまめ。
                           きなこは「シャー!」と威嚇したわけではないのに。

                           きなこ 1kg
                           まめ  4kg。。。



                           
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-06 18:41 | ねこ便り

ニャンの場合

子猫達がまめを怖がることなく、むしろまめの方が怖がっていたのに対し
ニャンに対しては、最初から警戒モード。。。
当然ニャンは威嚇すると思いきや、子猫をチラッと見ながらも
抱かれたまま、心を落ち着けるかのように私の頬を一生懸命舐め続けました。

意外な展開に、もしかすると上手くいくかも・・・とかすかな期待を他所に
翌日またそっと会わせてみると、案の定、威嚇の「シャー」
子猫たちも2匹揃って「シャー」
残念ながら前途多難な感じです。

実は先週末から子猫達と共に帰省していました。
ニャンとまめはパパとお留守番。
次女の部活のため、長女と子猫を残し、一足先に昨夜、自宅に戻りました。

実家でのびのび、元気な2匹は本当に仲良し♪
この1週間でかなり大きくなったような・・・

c0135480_23484347.jpg


c0135480_23491645.jpg


c0135480_23493151.jpg


名前もやっと決まりましたよ。
キジトラ(茶色)のほうが「きなこ」
サバトラ(グレー)のほうが「いちご」です。


「きなこちゃん」「いちごくん」と呼んでみたり、「きいちゃん」、「いっちゃん」と呼んでみたり。
「きなこ」はきな粉色だから?「いちご」は?
なぜ「きなこ」と「いちご」かは長女に聞いてみてくださいね(詳しくは教えてくれない^^;)。


それでもまだ、つい「あの子達」とセットで呼んでしまうのですが、
早くも実家でチビッ子ギャングぶりを発揮しているようで。。。
一足早いお盆だったのですが、お供え物のお団子やうどんを食べてしまった様子!
来週からいよいよ4匹の生活。半分楽しみで半分怖い、そんな感じです。
[PR]
by mame-nyanne | 2009-08-06 00:06 | ねこ便り